村田沙耶香さんの『コンビニ人間』が第155回芥川龍之介賞を受賞しました。
岡田容子さんの『コーヒーの木とライオン』が第38回すばる文学賞2次選考を通過しました。
吉田亮太さんの『途切れえない部屋の中』が第51回文藝賞2次選考を通過しました。
新見淳さんの『ぬ』が第119回文學界新人賞3次選考を通過しました。
村田沙耶香さんと楜沢健さんの対談に関する記事が「週刊読書人」4月4日号に掲載されました。記事の抜粋はこちらから。
伴紅実子さんの『人工光合成装置』が第1回「星新一賞」(日本経済新聞主催)の最終選考に残りました。
村田沙耶香さんの『しろいろの街の、その骨の体温の』が第26回三島由紀夫賞を受賞しました。

小説を書く
随筆を書く
書いた作品を読んで欲しい
読んだ作品を分析する
自由な文学観
文学を語る

開設 2000.10.1  更新 2016.7.20

合評・講評・・・・月2回
日曜日15:00〜17:00
金曜日19:30〜21:30
詳しくは「予定と航跡」タブより 「今後の予定」をご覧下さい。
会場:かながわ労働プラザ
会費・・・・半年 27,000円 
      学生割引 15,000円

☆見学(無料)、入会ご希望の方は
問い合わせ」からお申し込みください。


見学は予定欄に「合評」とある回にお願いします。  
学校紹介 講師紹介 予定と航跡 会員募集

問い合わせ リンク

Copyright(c)2000-2016 Yokohama literary school All rights reserved.